『海の史劇』吉村昭の紹介です。

『海の史劇』吉村昭

今から約百年前アジアは世界的におくれていると見られ、多くの国、地域が欧米の植民地か半植民地であった。日本もその少し前に明治維新を済ませたばかりで、まだ弱小の後進国と見られていた。

その弱小国である日本がアジアの国々を欧米の魔の手から守り、開放するために当時超大国であったロシアと決死の覚悟で戦いに挑むのであった……(T_T)
という見方も出来ますが、実際の理由はロシアの南方進出によって自国の安全が脅かされると日本が感じたからでしょう。

この小説の面白いところは日本側ではなくて、主にロシア軍のバルチック艦隊の視点から描かれている点で、作者は彼らの勇敢さと純粋さを讃えています。

バルチック艦隊の本隊は大西洋からアフリカの希望岬を通り、アジアを抜けて台湾海峡に着き、東郷平八郎率いる連合艦隊と戦います。

その戦いも大事ですが、それ以前にこれ程の大艦隊がその様な長距離を航海する事自体が歴史的快挙であると評されました。この小説ではその航海の様子が詳しくのってますのでお楽しみにね( ̄―+ ̄)ニヤリ

最終的には日本はロシアに大勝し、世界中がびっくりします。皆さんは信じられないかも知れませんか、その頃はアジア人は欧米人よりも劣っているという、何の根拠もない馬鹿げた考えを持っている人が多くいました。その゛劣っている゛アジア人が欧米人を破ったという事実は世界中に大変なショックを与え、特に欧米の植民地にされ弾圧されている国々では、日本人が西洋人に勝ったということで非常に勇気づけらました。

この様に日露戦争は世界に大きな影響を与え、日本は一躍世界の強豪国の一つと認識されるようになりました。しかしその反面、日本人に自信を与えたのは良かったのですが、逆に自信過剰で傲慢になる人たちも多く、日本人の美徳であった謙虚さと冷静さを失っていき、後にそれが日本の歴史に大きな影響を与えていきます。おごれる平家は久しからず、と言いますが、勝っても謙虚さを失わないのは実際には難しいものですね。
だって人間だもの
(・_・)エッ......?

by エッグマン

posted by 家庭教師のフィール at 22:33 | Comment(14) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

司馬遼太郎さんの城塞です。

司馬遼太郎
『城塞』


最初に言っておくと、この本は涙なしには読む事は出来ません。


人間はいかに美しく生きようとする生き物かということを司馬氏の卓越した筆力で描かれています。


天下分け目の関ヶ原の戦いの後、実質的な日本の支配者である徳川家康は、その前の支配者の子供である豊臣秀頼が自分の死後反徳川派からかつがれ、徳川家から天下を奪ってしまうことを恐れ、豊臣家を完全に滅ぼすための計画をたてる。


話はここからどのように徳川家康が豊臣家をだまし、追い詰めていくかが書かれ、豊臣家を助けようと思い、大阪城に集った武士たちがいかに戦ったかが描かれています。


この小説を初めて読まれた方は、余程の家康マニアでない限り、徳川家康は悪い奴、狸オヤジだという印象を受けるでしょうが、これは彼と戦う武士たちをより対照的に見せるために司馬氏がより悪者として描いている可能性があるので、ほんとは徳川家康はどんな人だったか知りたい人は調べてみてください。


ちなみにこの家康の相手方の豊臣秀頼の母、淀君は自分の子供の将来、自分のプライドと身の安全を思うあまり、多くの人を思わぬ方向に導いた責任者の様に描かれおり、教育の観点からみると興味があるお話かも知れませんが、これもこの小説の主題ではないように思われます。


一番司馬氏が私たちに伝えたかったのは、大義のために大阪城に集った武士たちの美意識、いかにつらくて厳しい状況でも最後まであきらめずに戦った彼らの姿勢、感情にとらわれず物事を冷静に幅広い目で見る事の大切さ等なのではないでしょうか。


どうか皆さんも登場人物と共に泣き、笑い、共感し、そして読者として司馬ワールドにどっぷりとつかり、宝の宝庫である日本の歴史への旅へ出発して下さい。


ただ読む前にハンカチとティッシュを用意することをお忘れなく

by エッグマン
posted by 家庭教師のフィール at 00:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

めっちゃいい話です!!!


『青空の向こう』




アレックスシアラーさんといって、昔このブログでも紹介した、『チョコレートアンダーグラウンド』の作者の方の本です。


この話のスタートは少年の死です。


というと、


「重い物語なのかな?」


って思う方もいると思いますけど、そんな話ではなくて、とても希望に満ちた物語です。


「死」の先に何があるのか?
って子供の時って色々考えますよね?
その答えの一つって言うと大げさかもしれないんですけど、そんな物語です。


最初に死んだら受付があって、自分の情報を登録して…
その後の人生?を決める。
すごい面白いですよね。


この死後の世界が本当だったら…
何か考えてしまう様な本です。


死にたくないですけど、何か死ぬのが怖くなくなるかもです!って決してしんじゃダメですけど、、、


ただ、この本を読んでそう思う子はいないでしょうけど。


主人公のハリーって男の子も本当に子供らしい子供でかわいらしいし、心が温かくなる本であり、色々な考えが浮かんできたり、考えさせられる本だと
思います。


中学生だけじゃなくて、高校生や、小学生、大学生、社会人の方にも是非読んでほしいと思います。






ちなみに、この本も立ち読みで読破しました!



僕って最悪ですね(笑)
posted by 家庭教師のフィール at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

詩集

『いちずに一本道いちずに一ツ事』

相田みつを


相田みつをさんってご存知ですか?

よくカレンダーとかに使われているお家多いですよね。

僕が昔家庭教師をしていたお家にもありました。

僕はこの相田みつをさんの詩がとても好きです。

もちろん色々な詩があるので、全部が全部知っている訳じゃないんですけど、この人の詩は、色々考えさせられたり、思い出さされたり、戒められたりと、とても勉強になります。

この本のタイトルにもなっている、


「いちずに一本道いちずに一ツ事」

って言う詩も僕がとても好きな詩の一つです。
自分の信念を貫いていくというか、他に惑わされないというか…
もちろん色んな考えってあると思うし、今の考えが正解じゃないかもしれないんですけど、それも全部含めて、考えて考えて自分が信じたらその道で突き進む。
これって大切ですよね?
筋だけはしっかり通して。

好きな事に一途にでもいいと思うし。

色々広がっていきますよね。


相田みつをさんの詩はもちろん他にも沢山あるし、詩集も沢山あります。

高校のとき、かなり買いあさった記憶があります。


是非みんなも読んで見て下さい。

この本は小・中・高校生の子も、みんなに僕はオススメです。



posted by 家庭教師のフィール at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

信長死せず?

『異・戦国史』





※受験生の方は絶対に読まないで下さい※(笑)



この本は先ず、織田信長が、本能寺の変から脱出します!?

マジで!?この時点でややこしくなるので、特に歴史が苦手な受験生は読まないで下さい。
こんがらがりますので^^;

ただ、めちゃめちゃ面白いです。
特に歴史好きの人には勧めたいですね。


最近戦国無双なんかもはやってますけど、そういうのが好きな人なんかは、かなりいいと思いますよ。

歴史の勉強のもなりますし、色んな考え方が飛び交って。
確か、文庫本は13巻迄あったと思います。

是非読んで見て下さい。





posted by 家庭教師のフィール at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

☆バスケットボールの神様☆


今日オススメしたい本は


「マイケルジョーダン物語」





「試合中は瞑想しているようなものだ」
というマイケル・ジョーダンの人間の姿が実によく描かれている本です。
最強にかっこいいジョーダンの姿が見られる本です。




アメリカきってのコラムニスト、ボブ・グリーンがマイケル・ジョーダンのことを語っている本です。



僕はバスケ選手で好きな選手は、中学生の当時は、チャールズバークリー、アンファニーハーダウェイ、そして、マイケルジョーダンでした。



この本は、マイケルジョーダンをこの好きな選手に入れるきっかけになった本です。




この、本の作者、ボブマリーンさんは、それまで有名人のことなど一冊の本にしたことがなかったし、ましてスポーツマンに関心を示しているとも見えなかったみたいです。そのグリーンがバスケットボールの神様マイケル・ジョーダンについての大冊を書きました。



そもそも、なぜグリーンさんがマイケル・ジョーダンに関心をもったかということは、この本にも書かれています。



グリーンさんがある事件の経過を追っていたときのことです。



ちなみに、事件というのは、ある母親とその恋人が4歳の少年を殴りつけ、逆さ吊りにしたまま食事も与えず、何日もクローゼットに閉じ込めて殺したという事件です。



この少年に6歳の兄がいて、このコーネリアス・エイブラハムという少年も同じ様な拷問を受けていたらしいです。
その中で、この子は、奇跡的に助かったみたいです。

本当に良かったですよね。



グリーンさんはコラムでときどきこの事件の後日、談を書いていたのだが、廃人のようになりつつあったコーネリアスがまだ「読書」と「バスケットボール」だけにはわずかな興味を示していることをコラムで書いたみたいです。



それを読んだシカゴ・ブルズの副社長スティーヴ・シャンウォルドがグリーンのオフィスに、
「その少年がシカゴ・ブルズの対マイアミ・ヒート戦を見たければ切符を用意する」

と言ったらしいです。
ブルズの社長もかっこいいですよね^^



それをキッカケにグリーンさんと少年はシカゴ・スタジアムに行きます。




そこでジョーダンがしたことは本当に感動しました。



まず少年に声をかけて、楽しく色々な話をして、ブルズのボールボーイのユニフォームをプレゼント少年にプレゼントしました。



ここまでだったら社交辞令?って感じなんですけど、それから、ジョーダンはロッカールームに戻って、再びコートに出てきた時ときにはまた少年に微笑みかけ、ブルズのベンチの自分の席に少年を連れていきました。


これでもすごい事なのに、ジョーダンはその後、ゲームが始まっても少年をその席に座らせたばかりでなく、試合の休憩中にコートのボール拾いまでさせたらしいです。


プロの試合中にですよ?^^;



その日以来、グリーンさんはシカゴ・ブルズの試合があるときは必ずスタジアムにタクシーで駆けつけたらしいです。



それまでグリーンさんは一度もNBAを観たことはなかったのに。


ちなみに、僕は最初、マイケル・ジョーダンの私生活とか秘密を知ろうと思ってこの本を読んだんですけど、そういうのは無かったです(笑)



しかもグリーンさんはその他のエッセイでもそうなんですけど、全くジョーダンの意見なんかに、論評を加えられないんです。



ただ、僕はそれが逆にジョーダンの考えに直に触れられてる感があってよかったです。



この本は、ジョーダンの人間性?って言ったら大げさなのかもしれないんですけど、すごい感動されます。

心臓がどきどきしてくる本です。



すごいジョーダンの考え方や生き方にあこがれました。



この本を読んだ後、ジョーダンの本を何冊か読んだ覚えが有ります。



バッシュもマイケルジョーダンのシリーズを好きになってから、履いてました。







ちなみに、高校受験のときに、尊敬する人物は?
と問われて、マイケルジョーダンって答えた位です(笑)






この本でマイケル・ジョーダンも言っているのだが、
「ぼくは女の子にもてるためにバスケットボールを始めたんだ」
って言ってます。


マジかっこいいです。さりげない台詞なんですけど、何か痺れましたね(笑)
男なんて、そんなもんですよね?笑



マイケル・ジョーダンは飾らないバスケットボールの神様ですよね^^



是非ジョーダンの人間に触れてみて下さい。


posted by 家庭教師のフィール at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

☆ヘミングウェイ☆


☆今日のオススメ本☆
『老人と海』




アーネスト・ヘミングウェィの晩年の小説です。
ちなみに、ヘミングウェィさんは、104才迄

かなり有名な小説なんで読んだ事がある方も多いと思います。
ヘミングウェィというと、『武器をさらば』『誰がために鐘は鳴る』『日はまた昇る』なども有名です。

カジキマグロと闘う孤独な老漁師サンチャゴの物語です。

キューバの首都ハバナから少し東に行ったコヒマルという漁港の漁師達との会話の中から、この話のヒントが得られたらしいです。

ヘミングウェイは、昔釣りボートが嵐で遭難しかかって、その港にたどり着いた事から、頻繁にここを訪れていたみたいです。

それもあったのか、彼は、釣りがとても好きみたいです。

この作品は確か、全て客観的な描写をされている?か何かそんな特殊な書き方をされているみたいです。
正直かなり昔に読んだので確信はないんですけど^^;笑


ちなみに、ヘミングウェイはこの作品で1954年のノーベル文学賞を受賞した。

この本は、何か力強さというか、圧迫感というと少し違うのかもしれませんが、とても面白かったです。

是非読んで見て下さい。




posted by 家庭教師のフィール at 02:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

司馬遼太郎さん

司馬遼太郎さんの本はどれも面白いんですけど、今回オススメさせてもらう本は


「燃えよ剣」

です!
この本は、基本的には、土方歳三が主人公の本です。

近藤勇、土方歳三ら、新撰組の生き様、土方歳三の生き様が描かれている本です。

これぞ男って感じがして、すごい面白かったです。

やっぱり、あの時代の人たちって、一日一日を懸命にいきてますよね^^

僕達もあんな風にかっこよくいきたいって思います☆

posted by 家庭教師のフィール at 02:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

☆夢を壊す本?☆笑

「空想科学読本」



壊すってこともないのかもしれませんが、この本はスーパーヒローとかを科学的に分析します…


例えば…


ゴジラは……







生まれた瞬間














死ぬ(笑)

とか、ウルトラセブンが



空を飛ぶと…








頭が真っ二つになる(笑)

とか...大爆笑でした^^

その他にも、仮面ライダーとか、ドラえもんとかもあるんで、色々読んでみて下さい。

勉強になるのかならないのか解りませんが…笑
posted by 家庭教師のフィール at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

明智小五郎♪

最近、色々推理小説の紹介をしてて、金田一耕介が出てきていたので、ここは、有名な明智小五郎でも紹介しようということで、

江戸川乱歩さんの「D坂殺人事件」

をご紹介します☆

この話は、短編集の1つの話なのですが、明智小五郎が初めて登場する小説です!!

映画にもなっている名作です☆

なかなか面白いので、良かったら見て下さい♪
posted by 家庭教師のフィール at 01:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

十五少年漂流記

「十五少年漂流記」

この本は、無人島に漂流した無人島に漂流した少年達が力を合わせる話です☆

原因不明の事故で15人の少年を乗せた船は嵐の海の中で漂流し、見知らぬ土地に流れ着いてしまいます。

ただ、15人もいると、やっぱり仲間割れが…
人間関係難しいですね(笑)

後、15人の少年達と一緒に犬のファンも漂流するんですけど、この犬がなかなか良い役割を果たしていきます☆

単純な漂流記っていうか、かなりストーリー性があって、短すぎもなく、長すぎも無い感じなんで、読みやすいし、面白いと思います。

是非読んでみて下さい!
posted by 家庭教師のフィール at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

今日オススメの本は…

本日のオススメ本

アガサクリスティ「アクロイド殺人事件」

です。

この本は、あっと驚く展開です。

名探偵コナンとか、金田一少年の事件簿にも、多分無いトリックだと思います。

僕もかなりの推理小説を読みましたが、この本のトリックには驚かされました!

それは無しやろ!?

って最初思いましたけど、それはそれでいいのかなって今おもえば(笑)

ただ、やっぱりアガサさんの小説は本当に文章が綺麗な感じがします^^

訳す人が上手いってのもあると思いますけど…

この小説はかなりオススメなんで、是非読んで下さい☆

コナンとか金田一好きな子だったら、絶対気に入ると思います☆
posted by 家庭教師のフィール at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

神々の指紋

ちょっとマニアックな本なのかもしれないですけど、今回オススメする本は、

「神々の指紋」

です。
超古代文明について、色々書いている本です。
実は、昔の技術では絶対に出来ない筈の建造物が存在した…
古代の人々が、宇宙から地球を見下ろせた?

とか、かなり不思議なことがたくさん書いています。

上下巻の本でとても面白いです^^

世界の神秘とかが好きな人は結構いいと思います☆
posted by 家庭教師のフィール at 17:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

竜馬がゆく

今日オススメする本は

「竜馬がゆく」

です。

皆さんも、ご存知、「坂本竜馬」の本です。

改めてここでオススメする本ではないのかもしれませんが、歴史の勉強にもなるという事で、ここでオススメしたいとは思います。

僕は、大の歴史好きで、先日オススメした、三国志同様、この歴史の本も大好きです。

僕が歴史の有名な人物で好きな順番に名前を挙げろと言われれば、先ず1,2を争って出てくる名前が、この主人公「坂本竜馬」です。

主人公というと、架空の人物に聞こえるかもしれませんが、もちろん実在の人物です。
ただこの人は、現実でも思いもよらない様なことを何度も何度もして、回りの人を驚かしています。

まさに、天才でしょうね^^

ただ、この坂本竜馬、小さい頃は、とてもいじめられていて、アホ?といわれていたとか…
ただ、どんどん才覚を発揮します。

剣をやらせれば天下一!
薩長連合、大政奉還…などなど

歴史の教科書に出てきますよね?
年号覚えてる?











薩長連合→1866
大政奉還→1867
だよ^^

竜馬がゆくを読むと、何でこの順番なのかもわかるから、絶対覚えやすいで^^

坂本竜馬ほど、日本のことを本気でよくしようと命をかけた人は未だかつていない気がします(多分)

めちゃめちゃ熱い男です。

是非読んで下さい。


司馬遼太郎さんの本です。
全8巻まであります☆

posted by 家庭教師のフィール at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

名探偵シャーロックホームズ☆

今回は、完全に僕の趣味である、シャーロックホームズの小説をオススメしたいと思います。

シャーロックホームズというと、とても熱狂的なファンの方も多くいらっしゃると思うので、意見感想を書くのが忍びない感じもするのですが…笑

ちなみに、シャーロックホームズの小説は、コナンドイルという、医師が書いている作品です。
コナンドイルさんは、余り知られてないのですが、現実の社会の中でも、ジョージ・エダルジ事件、オスカー・スレイター事件という二つの事件で、被疑者の無実を主張し、冤罪を晴らすために力を尽くしました。

ちなみに今回紹介したい作品は「緋色の研究」です。

この小説は大天才のシャーロックホームズとワトソンというコンビの最初の長編小説です。
長編といってもめちゃくちゃ長い訳ではないので、とても読みやすいと思います。

ホームズの鋭い推理が光る、とても面白い作品です。
最近名探偵コナンや金田一少年とか、推理系のマンガも多いので、好きな子は、絶対はまると思います。

ちなみに、名探偵コナンの、コナンは、コナンドイルから来てるみたいですよ^^
posted by 家庭教師のフィール at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜

僕が中学生の時はまった本です。

僕が中学生の時、従兄弟のお兄ちゃんに持ってきてもらった本です。
三冊あるんですけど、今でも覚えているのが二冊です。

先ず一冊目が、
アガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」
です。この本は、推理小説の最高峰と言っていい位の大作です。
トリックもすごいし、文章もすごく芸術的です。
色々な他の作品の参考にもなっている本です。
あの、コナン君や、金田一少年の本にも、似た様な内容があります。
少し本を読みなれている子はぜひみて下さい。

2冊目が…
赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズです。
第一作目が
「三毛猫ホームズの推理」
です。探偵?の三毛猫が活躍する第一作目です。色々個性的なキャラクターの出てくる本当に読みやすい本です。本に読みなれていない子も、割と読みやすいと思います。

3冊目が、実は、題名を覚えていません(笑)
山村美紗さんの本です。
この方の本も、たくさん出版されています。トリックがとても面白い本が多いです。

今回は僕の趣味で推理小説中心になってしまいましたが、次回は、、、未だ未定ですけど、良かったら感想やリクエストなどお待ちしてます。
posted by 家庭教師のフィール at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本〜中学生〜
<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。